ホーム > インプラントについて

インプラントについて

当院におけるインプラント診療コンセプト

近年、予防歯科の理論と実践により、2大歯科疾患である、虫歯と歯周病に対し、進行停止、発症の予防ということが、より多くの人の、より多くの歯、で実現できるようになってきました。
しかしながら、まだまだ何らかの理由で「歯を失い困っている人が少なくない」という現実もあります。
インプラントは、歯を失ってしまった場合に歯を取り戻す治療手段の一つであり、1970年から臨床応用され年々その恩恵にあずかる人が年々増えています。

インプラントの特徴は、
歯槽骨に直接結合した金属性のネジに人工歯がつくため、
残っている周囲の歯の状況に左右されることなく、
動揺もない強い咬合力の歯を取り戻せることです。



その人にとっての「よりbetterな治療法」を
 
歯科インプラントが極めて有効な治療法の一つであることは間違いない事実です。
しかし、失った歯を取り戻す治療として従来より行われてきた、ブリッジ、入れ歯、矯正治療、移植 などの治療法と比較して、インプラントが、全ての点で優れたベストな治療法というわけでは決してありません。
その患者さんの、その歯については、どの方法がよいのか色々な要素をすべて考慮して、はじめて、その人にとっての「よりbetterな治療法」が明らかになります。

現在、虫歯や歯周病で痛みや腫脹がある歯に対して、抜いてしまってインプラントに置き換えた方がよいという話もあります。
しかしインプラントはそもそも「歯がなくなってから」行う治療であり、歯周治療、根管治療が適切に行えれば解決できる可能性がある歯については、まずその歯が救えるようにいかに適切に治療をするか、にエネルギーを費すべきです。
こんなことをあえて強調する必要があるのは、「根管治療や歯周治療を適切に行うことを省いて抜歯してインプラントを推奨する」、という流れが、近年しばしばみられます。



―正しい治療ステップによる適切な判断を―

具体的に多いのは、根管治療の失敗で痛みや腫れがとれない場合です。
根管治療は海外では専門分野扱いです。これは、一般歯科医に解決できないが、専門医ならば解決できる根管治療病変というものがある、ということです。
欧米の認定根管治療専門医でなくても、準じたコンセプトと器材で臨んでいる歯科医であれば解決できる場合も多々あるでしょう。

適切な治療をしないことの具体的な例には、根管治療において、2方向撮影のレントゲンをとらない、ラバーダム防湿をしない、隔壁も作らない、顕微鏡も使用しない・・。
これらは日本の歯科医院で多く行われていえる根管治療におけるneglectであるといえます。
根管治療においては以上のことはすべて必要なステップです。
少なくとも最大限よい結果を出そうとする根管治療専門医は上記を省くことはあり得ません。

しかし患者さんは、よほどの知識のある方以外は、歯科医が「この歯は根管治療をしても、もう治らないので抜歯してインプラントにした方がよいですよ」 といえば「専門家がいうならそんなものか」と思うに違いないのです。
その歯科医が上記のような治療ステップを省いて、根管治療した結果、そのように言っている場合であっても、です。

日本の歯科医が欧米の歯科医と比較して、とりわけ、怠惰あるいは、無知、あるいは意識が低い、ために、このような状況であるというわけではないです。

日本の歯科保険診療規則に問題の背景があります。歯科医だけの問題ではないのです。

神経を失っても適切な根管治療と修復がされているならばインプラントと比較して成功率は差がないというデータも出ています。成功率に差がないならば、歯根膜がある分、人工物よりも天然歯の方が有利に決まっています。
中間の1本欠損の3本ブリッジと単独インプラントでも成功率に差がないというデータがあります。
ブリッジも適切に処置されるならば十分長期間安定して機能します。

インプラントは素晴らしい治療であることは否定しませんが、たとえ神経を失っていようと天然の歯に勝るものでは決してないのです。インプラントは長期的には、天然歯と違いさまざまな問題を引き起こすリスクのある治療法であることも事実なのです。



―近年のマイナスイメージの原因―
 
近年インプラントのマイナスイメージが報道されていますがこれは外科的な診断と処置が適切に行われていないということに背景があるようです。
インプラントは口腔外科処置であり、口腔外科で2年以上の臨床経験のない歯科医師が手掛けるべきではないと思います。
インプラントの臨床データはすべて口腔外科医のものです。
インプラント業者主導の短期コースを受けただけの一般歯科医の手がける治療で、欧米の口腔外科医の治療と同じ結果が出せると思うのは楽観しすぎです。


歯科インプラントは、当初、総入れ歯で満足できない方に対し固定性でしっかり咬める治療の必要性から応用が始まりました。
上下に10本~13本のインプラントを適用して上下左右で20~24本の歯の総入れ歯を支える固定性の治療です。

インプラントがなかった時代には、歯がすべてなくなれば、総入れ歯を使うよりありませんでした。
しかし総入れ歯では、咬む力が入らない、痛い、物がつまる、落ちる、掃除がわずらしい、味が良くない、入れていると気持ち悪いなどの不具合が多く、使用している方でも多くの諦めの上で適応していると思われます。

インプラント支持の総入れ歯により、良好な結果すなわち、しっかり咬めて、会話や見た目も満足できるということが長期間維持できることが確認され、部分的に歯を失った場合にも応用され同様な良好な結果を得られることがわかりました。

しかしインプラントの応用において、守れるべき生物学的ルールとして、「無菌的処置」「治癒期間 インプラントを埋入して咬めるようになるまでに必要な待機期間」は決して守られなければなりません。

それぞれに適応症といって、会う合わない条件というものがあります。
それぞれに機能回復の質という点でも違いがあります。

たとえばインプラント治療の機能回復の強みは、残ってる他の歯の負担を増やさずに、非常に強い力で咬めるようになること、固定性で違和感が少ないことです。
マイナス要因としては外科処置であり、心身に負担をかけること、外科処置の合併症のリスクがあること、本数が多くなると処置時間が長くなること、また費用が高額になること、長期的にはインプラント周囲炎のリスクなどが考えられます。



―昨今インプラントにみられる問題―

歯科医院過剰の昨今、保険診療報酬が低く抑えられている歯科界では、自由診療報酬を経営の活路として、インプラントの利点ばかりを強調する歯科医が現れ、実態が伴わないために、国民生活センターに、インプラント関連の苦情が急増して、社会問題となり、インプラントの問題を取り扱うテレビ番組もありました。

インプラントについては、当たり前のことですが、適応症をしっかり選び、無理のない治療計画のもと、術式は口腔外科の基本コンセプトと、インプラントオリジナルプロトコルに忠実に術後の管理をすることに尽きると思います。
しかしこのような指摘も改めて明記する必要のあるほど守られない臨床が多いのではないかと感じます。

根管治療して残すより、インプラントの方が長期予後がよい
ブリッジよりもインプラントの方が優れている
欠損には何でも、誰にとっても、インプラントが最善
骨量が足りなくても移植すれば大丈夫
現在ではインプラントしたその日から咬めるテクニックがあります

上記はいずれも厳密には根拠薄弱なものです。
「てっとり早く噛めるようになりたい」
「痛みを早くとりたい」
「治療に時間をかけるのは無理」
このようなニーズが患者さんと歯科医の両方にあるのは間違いないことです。
このようなニーズの二人が出会うと、実は治療で残せる歯も抜歯→インプラントとなることが多そうです。