ホーム > インプラント専門医紹介

インプラント専門医紹介

院長挨拶

「顕微鏡による精密な診断」と「予後の適切な治療」
「歯科麻酔学」に加え「東洋医学」「養生」を取り入れた痛み・不快感の軽減
スカンジナビア歯科学をベースにした歯周病・虫歯予防管理

工藤歯科は、上記の3つのコンセプトを掲げた、インプラントセンター併設の歯科医院です。
当院では、マイクロスコープ(顕微鏡)を用いた世界レベルの歯科医療を提供すべく、最新技術や材料、薬剤の情報に常にアンテナをはり、日々精進しております。
当院では、保存治療をないがしろにして、インプラント治療を行なうことはありません。

以下の方は、インプラント治療への当院の取り組み姿勢と設備に、満足感と安心感を持っていただけるのではと自負しております。

他院でインプラントを勧められたが、本当に選択肢がインプラントしかないのかセカンドオピニオン希望の方

インプラントのリスクを把握しておきたい方

高血圧や糖尿病の内科疾患のある方で、インプラントが可能か不安な方

インプラントが怖いという方


患者様の不自由のない食事や会話、口元の健康的な美しさを取り戻すために、精一杯お手伝いをさせていただきたいと思っております。

院長 工藤英仁

院長プロフィール

東京都小金井市出身
1998年 北海道大学歯学部卒業
1998〜2001年 東京医科歯科大学歯学部顎顔面外科学講座受講
2001〜2004年 医療法人優善会 上田歯科医院 勤務
2004〜2008年 医療法人明徳会 福田歯科統合医療研究所 勤務
2008年 工藤歯科 開設
日本歯内療法学会会員
日本歯科東洋医学会会員
バイ デジタル オーリング テスト医学会会員
ブローネマルク オッセオ インテグレーションセンター 東京にて研修

麻酔医・衛生士とのチーム医療

当院には麻酔医が常駐しています。全身疾患のある方、緊張しやすい方、治療の音を聞いただけで血圧が上がる方、奥歯を触ると吐き気がする方、などには麻酔医が鎮静剤の点滴をすることで、手術を非常に楽に受けることができます。血圧が心配な方には、血圧をモニターしながら、必要に応じて薬を足すこともできます。
手術後は、衛生士がプラークコントロールなど術後のメンテナンスをしっかりと行なうので安心です。

インプラントに対する想い

治療に対する考え方

インプラントは、ご自身の歯をなくしてしまった方とって、たいへん有効な治療方法のひとつです。
昨今では、インプラントを行なう歯科医院が増えてきました。
しかしながら、インプラント治療は、どこの歯科医院で受けても同じというわけではありません。
裁判沙汰にもなっている医療事故も起こっており、歯科医院選びは重要です。

治療に対する考え方

インプラント治療は、口腔外科手術(口の中、顎、顔面などに外科的処置を行なうもの)のひとつです。
一般的な口腔外科手術と異なる点は、異物を口の中に残すという点です。

それゆえ衛生面は、より厳しい管理が必要になります。
大学卒業後、口腔外科で学んだことが、インプラント治療に役立っています。

インプラントの治療方法は、「ブローネマルク オッセオ インテグレーション センター 東京」で研修しました。
このセンターの名称にもなっているスウェーデンのP.I.ブローネマルク教授は、インプラントの科学的基礎を築いた大家であり、インプラントの父ともいうべき人物。彼のインプラントの治療方法は、最先端でありながら最も信頼できるものとして世界で認められています。
当院のインプラントは、ブローネマルク教授が定めたコンセプトに忠実に行なうことで、患者様が満足できる治療を提供しています。

とはいえ、どんな場合にもインプラントが最善の治療方法であるかというと、そうではありません。
当院では歯を残す治療にも力を入れています。
保存治療の科学的データが最も多く世界的にも最先端の医療を実践しているのがスウェーデンです。
私はスウェーデンで学んだ専門医に師事し、治療技術のレベルアップに努めております。
それゆえ、保存治療を疎かにしてインプラント治療を行なうことはありません。

天然の歯で噛む喜びを忘れずに、日々治療を行なっております。