ホーム > よくある質問

よくある質問

よくある質問

耐久性はどのくらいですか?

一般的には、顎の骨がしっかりあって、下顎で、10mmの深さで固定でき、30ニュートンで締めることができれば、数十年は持たせることが可能です。

ページの上へ戻る

何かの理由で入れたインプラントが使えなくなってしまった場合はどういう処置をするのですか?

可能であれば、抜いてから、再度インプラントを埋める治療を行ないます。
タイミングが早ければ、もう1回できます。
タイミングが遅いと、骨がなくなってしまうこともあります。
そうなれば、入れ歯にするか、骨の移植をするか、などの選択肢があります。
 

ページの上へ戻る

被せ物(人工歯)の材質は選べるのですか?
 

選べます。セラミック、ジルコニア、ハイブリッド、金属などの種類があります。
審美性を求めるならより高額のものになります。

ページの上へ戻る

手術にかかる時間は

インプラントを埋める一次手術で、30~40分ぐらいです。
埋める本数や場所によって変わります。

ページの上へ戻る

手術後に痛みは

痛みが出る人もいますが、さほど痛みが出ずに痛み止めを飲まなかった人もいます。
あまり痛みが出ないことが多いようです。

ページの上へ戻る

アフターケアはどのように

特別なことはありません。大掛かりな手術をした方は特殊な歯間ブラシを用いますが、そうでない方は、普段の口の清掃をしっかりとやるだけで大丈夫です。
定期検診はありますが、異常を感じたら来院して診察を受けてください。
 

ページの上へ戻る

保証制度はありますか?
 

保証制度はあります。
ただ、当院では今のところ、保証をするような事態は起こっていません。

ページの上へ戻る

インプラント手術は1回ではできないのでしょうか?
 

通常、インプラント手術は、インプラントを埋める一次手術と、インプラントを露出させて被せ物を取り付けるためのアバットメントを取り付ける二次手術が必要です。

手術を1回で済ませる方法もありますが、ブローネマルクインプラントに忠実に治療を行なっている当院では、手術を2回に分けて行なう方が安心かつ確実な方法であると考えています。

ページの上へ戻る