ホーム > 当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

ブローネマルク インプラントを、オリジナルの方法に忠実に行なう

昨今、インプラントの新しい機材やシステムが発展していますが、インプラント歯科学の基本原理が変わった訳ではありません。
当院では、インプラント歯科学の基本原理を構築した、ブローネマルク教授の治療コンセプトを忠実に実施。
世界で最も信頼されているインプラント治療を提供しています。

口腔外科の専門治療で必要とされる確実な処置と設備で行なう

口腔外科の専門治療で必要とされる確実な処置と設備で行なう

当院のインプラント治療は、口腔外科で研修を行なったことによる、確かなバックボーンがあります。
インプラント治療は外科手術なので、しっかりと訓練を行なった歯科医が行なわないと、安全性の高い手術を行なうことは不可能です。

また、生物学的原理に反する治療、例えばインプラントと骨が結合するのに必要な治癒期間を短くすることは、失敗するリスクが高くなってしまいます。
当院には完全個室の手術室を完備。理想的な環境でインプラントの治療を行なうことができます。

X線CTによる診断(リスクの軽減)

インプラント治療を行なう場合、患者様にとって最善の治療方法なのか、診断することが重要です。
診断を間違ってしまうと、患者様に苦痛を強いることにもなりかねません。
そのためにはCTによる診断は欠かせません。
当院では徒歩数分の所にCT撮影専門クリニックがあり、精度の高いCTを撮ることができます。

CTにより、顎の骨の厚み、神経や血管の位置などを把握することが可能で、インプラントの必要度を含めたリスクの診断が正確にできます。
また、インプラント手術を行なう際にも、埋め込むインプラントの角度や長さが決められるなど、精度の高い手術を行なうことが可能です。

必要最小限の手術方法を選択

必要最小限の手術方法を選択

インプラントの場合、本数が増えると患者様の身体の負担も費用も増えてしまいます。
例えば、3~4本歯が無い場合、インプラントにするのは2本でも可能です。

インプラント手術には、ケースバイケースで、いろいろな方法があります。
無くなった歯の本数分インプラントを入れる歯科医院もありますが、当院では患者様の負担を最小限に留めるよう、手術方法を選択しております。

病院口腔外科との連携

手術には万全を期しておりますが、万が一ということも起こり得ます(当院では今まで起こっていません。あってはならないことだと思います)。

いざという時でも、日本口腔外科学会専門医がいる「立川病院・歯科口腔外科」が近くにあるので安心です。

全身管理、疼痛ストレス管理のできる歯科麻酔医師が常勤

インプラントのような高度な歯科手術においては、通常の歯の麻酔とは異なり、顎の骨を無痛状態にする必要があり、歯科麻酔の専門技術が欠かせません。

多くの歯科医院では必要な時だけ歯科麻酔医に来てもらっていますが、当院では歯科麻酔医が常駐。
全身疾患がある人、極度に緊張してしまう人、治療の音を聞いただけで血圧が上がってしまう人など、鎮静剤を点滴することで、患者様が非常に楽に手術を受けることができるようになります。

術後のフォローアップ

術後のフォローアップ

インプラント治療は、手術をして歯が入ったら終了、ではありません。
重要なのは術後のメンテナンスです。インプラントは一生もつとは限りません。

しかし術後のメンテナンスをきっちりと行なえば、数十年もたせることは可能です。
患者様の手術時の年齢にもよりますが、メンテナンスをしっかり行なえば、一生持たせることも不可能ではありません。

当院では、定期的に検診を行なうなど、術後の患者様をしっかりとフォロー。
充分なアフターケアでバックアップします。